旅行

【紅葉ホテル特集】日本の秋を楽しむ。京都に軽井沢、東北は十和田に万座の便利で快適な秋の紅葉狩りにぴったりなホテル4選!

9月に入り東京も徐々に涼しくなってきた季節。夏の旅行が一段落したらもう紅葉の季節です。楽天スーパーセールも始まり国内の宿が安く手配できる今こそ、日本の美しい秋の景色を楽しめる場所を目指すのは良さそう。本記事では美しい紅葉を楽しめる日本各地のホテルをご紹介します。

秋こそ軽井沢。オールシーズンで楽しめる軽井沢浅間プリンスホテル

     
避暑地のイメージの強い長野県は軽井沢。ただ、実は秋のほうがより過ごしやすく、そして秋の味覚も楽しめ、さらに美しい浅間の紅葉を楽しむことができるんです。そんな軽井沢でも特におすすめなのが高台に位置することで、浅間山の紅葉を部屋からも一望できる軽井沢浅間プリンスホテル。
ロビーや温泉棟から撮影した写真でも、美しい浅間山と紅葉している軽井沢の風景を楽しめるのは他の軽井沢のホテルと比べても格別。軽井沢の喧騒からも程よく離れた場所に位置するまさに大人のリゾートホテルです。

   
ロビーには大きな暖炉も備えられ、秋口からは火も入れられて自然な暖かさも楽しめるのもポイント。秋の味覚を楽しもうと思えば高い屋根と大きな窓が魅力的なレストランで食事に舌鼓を打つのも良い感じ。朝食も他のホテルの追従を許さない豊富な野菜、ベーカリー、そして卵料理で朝から元気に観光に出かけられます。
   
部屋は29㎡とゆったりとした広さで、部屋の中でものんびり過ごすことができるのも魅力的。全室バルコニー付きでバルコニーからは紅葉の浅間山を簡単に望むことができます。各部屋には予めコーヒー豆とミル、フレンチプレスコーヒーメーカーとソーサーセットも用意。のんびり部屋でコーヒーを楽しんで贅沢なひとときを過ごせます。

軽井沢浅間プリンスホテルから車を走らせれば、めがね橋などにも簡単にアクセス可能。紅葉の季節の軽井沢エリアを遊び尽くす上でも、軽井沢浅間プリンスホテルはきっと最高の場所になるはず。


東北の秋を楽しむ。十和田湖湖畔に佇む十和田プリンスホテル

公式サイトより

もうこの写真の時点でお腹いっぱいですが、北東北における最大の景勝地である青森県の十和田湖。その湖畔(秋田県側)に佇むのが十和田プリンスホテルです。写真のように十和田湖畔の紅葉をホテルから楽しむことも、少し車を走らせれば十和田湖を一望できる展望台にも登れ、雄大な紅葉を堪能できます。
    

     
十和田プリンスホテルの設計は旧住友家俣野別邸などを手掛けた佐藤秀三氏によるもので、温かみのある木造建築の中でゆったりと過ごすことが可能。客室は十和田湖をを眺めるレイクサイドルームと、フォレストツインルームの2種類でどちらの部屋にもシモンズベッドを配置し旅の疲れを癒やしてくれます。

十和田プリンスホテルの魅力は、ディナーも朝食でも地元の幸をふんだんに使った料理。お手頃な価格でありながら本格的なフレンチコースを楽しめます。十和田湖のひめます等、地場の食材もふんだんに使った料理で朝も良い目覚めになるはず。

    

十和田プリンスホテルから車を走らせれば、天然記念物にも指定されている美しい渓流、奥入瀬渓流にも。写真は夏のものですが、秋はこの木々が赤く染まり紅葉を楽しめます。渓流沿いには遊歩道も整備されており、のんびり散歩をして癒やされるのは絶好のスポットなわけです。そんな北東北の自然と紅葉を楽しむ絶好の拠点が十和田プリンスホテルです。

すべてが美しい。貴船・鞍馬へはバスで一本。京都観光の拠点にはザ・プリンス
京都宝ヶ池

日本の紅葉といえば欠かせないのが秋の京都。コロナ前までは一年中オーバーツーリズム状態で、ホテルも、交通機関も、観光地のすべてがパンク。観光を楽しむのがハードな状況でした。現在はまだコロナ禍で外国人観光客の流入は抑えられており、一昔前に比べれば京都の観光状況はマシになっています。そんなときこそ、秋のすべてが赤く染まった美しい古都京都を楽しむべき。

     
かくいう私も昨年2021年に京都を観光。朝9時に京都駅で集合し21時にホテルにチェックインするまで、嵐山の竹林から鞍馬寺、貴船神社、そして瑠璃光院まで東から西へ京都中を観光。美しい紅葉の京都を存分に楽しんできました。
特に夜の景色が美しい貴船神社や、瑠璃光院は京都の東側に位置。京都駅はもちろん四条烏丸からはかなり距離があり、夜訪問してからホテルに戻るのは一苦労。そんなエリアからすぐにアクセスできるのが国際会館前に位置するザ・プリンス
京都宝ヶ池。中心部の喧騒から離れ静かな宝ヶ池のそばに位置し、観光地からのアクセスと快適さを両立したホテルです。

     
宿泊したのはフォレストフロア。一番最下層の部屋ではありますが、36.9㎡の広さを確保しておりゆったりと過ごせるのが魅力。先述のように京都の中心部から離れていることや宝ヶ池公園のそばに立地していることで、喧騒から離れ静かな環境で過ごすことができます。
朝食は和食と洋食から選択可能。和食は三段重ねの彩り豊かな京のおばんざいと洋食のセット。京都周辺の地場の食材をたっぷり組み合わせた朝食で、翌日の観光も元気に回れます。チェックアウトは標準で午前11時。お腹いっぱいに朝食をとった後に、部屋で一休みしてから出発するとしても余裕を持って移動できます。

    
なお、秋口には中庭を利用して焚き火の周りでカクテルを楽しめる焚き火ラウンジも実施。観光で冷え切った体にウイスキーベースのホットカクテルを入れたりと、ホテルで過ごすのも十分楽しめるのも魅力です。

     
ザ・プリンス京都宝ヶ池は京都駅にプリンスウェルカムカウンターを設置。朝荷物をここで預ければ夕方までにホテルに配送、そしてチェックアウト時にホテルで荷物を預けておけば夕方には京都駅で荷物を受け取ることができるというもの。なお、ホテルへの配送は無料で利用できるため、必要最低限の荷物以外は預けてしまえば手ぶらで観光できてしまいます。
ウェルカムカウンターの営業時間は午前9時から午後6時までと長く、朝早く荷物を預けて、帰りの新幹線の直前に荷物を回収というスケジュールを立てることができます。なお、このカウンターはびわ湖大津プリンスホテルでも利用可能です。

関東からすぐに行ける紅葉と温泉地帯。群馬県の万座プリンスホテル

すでに当ブログでの紹介記事がかなりの数になっている群馬県は万座温泉。夏は避暑地として、冬は関東圏随一の雪質でパウダースノーを楽しめるスキー地として、そして秋は浅間山や白根山周辺の紅葉を楽しむことが可能。そして、24時間入れる硫黄分の含有量日本一の万座温泉と観光も、温泉も満足行くまで楽しめます。

     
     

そんな万座温泉に位置する万座プリンスホテルは、万座温泉随一の眺めを誇る温泉大浴場とコース料理の提供も可能なダイニングルーム、そして快適に過ごせる客室を備えたリゾートホテル。紅葉を目一杯楽しんでからチェックインし、チェックアウトするまで嬬恋の食材を使った食事と温泉を心ゆくまで楽しむことが可能です。

    
万座プリンスホテルから車を走らせれば、絶景の広がる群馬県と長野県の県境である毛無峠へもアクセス可能。毛無峠については、万座高原ホテルの記事などでご紹介をしていますが、人里どころか人の手があまり入っていない峠の景色を楽しめる場所はかなり貴重。美しい万座の景色を楽しんでもらえたら。

日本の秋の景色を楽しむ。紅葉の時期は旅行に行きたい

今回はこれからの秋の季節に美しい紅葉を楽しめるホテルを特集。軽井沢に北東北の十和田湖、定番とも言える京都、そして万座温泉と全国各地の紅葉と快適に過ごせるホテルをあわせてご紹介しました。
記録的な円安と猛威ふるい続けるコロナもあって、海外旅行にはまだまだ気楽に行けない今日このごろ。ぜひ、日本の美しい紅葉を楽しみに、秋の旅行に出かけてみてはいかがでしょう。

返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

銀行をやめて人材系のHRテックらしいメガベンチャーにいます