ガジェット

FiiO X7大発表 (FiiO 2015 Autumn Launch Eventより)

9月12日に行われたFiiO 2015 Autumn Launch Eventにて、X7の正式発表がされていたようなので、公式のFacebookよりお借りした画像を使って、解説していきたいと思います。

ちなみに、もうFiiOの中国版のWEBサイトには商品情報が上がっていますね

http://www.fiio.net/products/45

X7 それは、Androidベースのスマートなポータブルミュージックプレーヤー

フラッグシップ機にふさわしく、730日に渡る研究を行っています(開発休止期間も含めるとX3のほうが長いのは内緒)

スペック

DACにはESS9018S(最終的にシングルです)
バッテリーは3700mAh
RAMは1GB
SDカードは最大128GB
ROMは32GB
液晶サイズは4インチ
Wi-Fi・Bluetoothに対応
10時間以上の連続再生

筐体についても(割愛)

 LEDインジケーター搭載

カスタマイズ可能なボタン

パワフルなCPUに最高のDAC

SoCにはクアッドコアのRK3188を使用
1.4GHzで(何に対してか不明)55%以上のパフォーマンスの改善、60%の電源効率化

DACにはESS9018Sを採用
SNRは135dB
ダイナミックレンジも135dB
THD+Nは-120dBを誇る(スペック値)
そこにOPA1612を2基搭載し、OPA1612につなぐ

アンプモジュールは4種類

 IEM向けのモジュール
中級レベルのモジュール
高出力のモジュール
バランス出力対応のモジュール

X7の音楽再生アプリは、オーディオファイルたちのために徹底的にデザインされている

とりあえず、使いやすそう
というか、普通にアプリもリリースしてほしいレベルですね

DSDも、PCMは384kHz/64bitまで対応

DSD・DXD・DTS・PCM・WAV・WMAなど殆どのフォーマットに対応

Android上の問題についての対応

どうやって、サンプルレート変換(SRC)を避けるように音楽再生アプリを作ったのか

Androidは基本的にSRCを通じて、どんなサンプルレートの音楽も44.1か48kHzに変換してしまい、音質に影響を及ぼしてしまう

X7の提供する再生アプリでは、AndroidのシステムのSRCをスルーし、ビットパーフェクトで劣化のない音を提供する

Androidモードとピュアモードの2種類を用意し、プルダウンメニューから変更可能にする
Androidモードの場合では、サードパーティ製のアプリも使用可能で、FiiOのプレーヤーであればビットパーフェクトに、他のプレーヤーでは44.1または48kHzの音声出力になる
ピュアモードでは、X7をピュアオーディオ機器として使用させ、他のアプリの読み込みも行わず、ビットパーフェクトで音楽を再生する
どちらのモードでも、音質はおなじになるようになっている

まとめ

想像以上に素晴らしい出来になっていると思います
最後のAndroidモードとピュアモードという2種類のモードを用意するという発想は個人的には面白いなと思います
私の場合、Androidの端末は十分にあるので、ピュアモード運用になりますかね

スペック表もおいておきます

最後になりますが、スペックもまとめておきましょう

サイズ 128*16.5*64mm
液晶 3.97インチ 800*480 (IPS)
バッテリー 3700mAh
連続再生可能時間 10時間以上(IEMアンプモジュールで画面オフ時)
ハードウェアボタン 電源・再生/一時停止・スキップ/リバース・ボリュームキー・1つのカスタマイズ可能なボタン
入出力 microUSB(11ピンのmicroUSBソケットのドッキングコネクターにも)
microSD
3.5mmのラインアウト/同軸出力(変更可能)
ROM 32GB
Wi-Fiなど 802.11g/b/n APT-Xは非対応
DAC ESS9018S
出力 100mW/32ohms, 200mW/16ohms(IEMモジュール)
オペアンプ アンプモジュールに依存
SoC RK3188
RAM 1GB
重量 220g(IEMモジュール時)
S/N 117dB
THD+N 0.00%
出力インピーダンス 1オーム以上
クロストーク >72dB(PO),>110dB(LO)
出力レベル 1.5V(LO)

ちなみに気になる価格は、アメリカで$649.99ほどになるとのことです
7.8万!まぁ、手が…うーん…

値段などのソース:X7, the Flagship DAP from FiiO ( updated on 15/12/2014)

関連記事

返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

銀行をやめて人材系のHRテックらしいメガベンチャーにいます