ガジェット

5Ghz帯対応!理論値867MbpsのXiaomi Router mini、買ってみました!

お久しぶりです。
あーるです。

自宅に光回線をひいているものの、Wi-Fiルーターは光回線についてきたものをそのまま使っている、なんて方多いのではないでしょうか….?

フレッツ光で付属してくるWi-Fiのルーターは回線がどんなに早くても理論値で300Mbpsまでしか出てくれません…

せっかくなので、Wi-Fiももっと速くしたい!っと思っても、5G帯に対応しているルーターはどうしても高価格帯のものばかりで、手が出ない…そんな皆様に朗報なのがこのXiaomi Router miniです

Xiaomi Router miniとは

小米(シャオミ・Xiomi)といえば、独自UIのMIUIを搭載したmi4などが有名ですが、他にもスマートバンドであったり、テレビであったり血圧計であったりと様々な製品を展開しています
今回のRouter miniは、その中ではまだスマートフォンやPC、タブレットの周辺機器ということで正統派の製品です

商品名からわかるように、Wi-Fiのルーターですが、驚くべきなのはこの性能
デュアルアンテナで、2.4Ghz/5GHz帯に対応し、理論値では1167867Mbpsに達する通信性能
(有線部分の性能は100Mbpsまでですので、インターネット接続時の理論値は100Mbpsになります)

日本で普通に販売されているメーカー製品では、同程度の性能のものを買うためには1万円近くに達することもありますが、私の購入価格は、$26.99でした!

カードの明細を確認すると、3,412円!安い!

…という激安で高性能な製品なのです

ちなみに、この製品はUSB端子もひとつ備えているので、HDDなどをつないで簡易NAS化することも可能です

製品の詳細(中国語):http://www.mi.com/miwifimini/

ということで開封の儀

いつものようにAliExpressで買っちゃいました
今回の購入元はiTechnology Lifeさんです
値段の変動が激しいお店のようで、この記事を書いているときは$29.99になっています
私の場合は、AliExpressのSuperDealsのセールの際に注文しました
今回は精密機器なのに、e-EMSなどを使わず、Small Packetにしました(送料をケチった)
約10日ほどで到着しましたが、最初に送られてきた追跡番号が郵便局で変更になってしまったようで、店に問い合わせたりしたりはしましたが、概ね順調でした
最近はガジェット系はどこのメーカーも箱はシンプルですね
オーディオ系は相変わらず派手な気もしますが
クイックスタートガイドも付属してましたが、簡易の説明を本体の保護シートに貼るのはいいアイデアかもしれません
アンテナを開くとこんな感じ
WEBサイトでは高級感があるように出してますが、普通のプラスチックです
別にその点は期待してませんから別になんとも思いませんでしたが
使えりゃいいんです

側面はこんな感じ
電源と、LAN×3(IN・OUT×2)にUSB端子です
あとは、クイックスタートガイドと、電源ケーブル
私の購入した店は、English Versionということでしたので、日本と同じタイプでした
購入時に電源の形状は気をつけないといけないかもですね

設定してみる

電源につなぐと、勝手にWi-Fiのアクセスポイントが出来ます
Xiaomi_××××というのがあるので、アクセスしましょう
設定開始ですね
とりあえず、同意しましょう
2ページ目でよく分からない設定画面が出てくるのですが、確か右下にあったリンクで、マニュアル設定が出来ました
んで、そのリンクを押してやると上の画面になります
Wi-Fiアクセスポイントの名称と、アクセスキーを設定します
どこでルーターを使うのかを選択し、設定画面へ入るためのパスワードも設定します
あとは、”設定完成”で終了です
しばらく待つと、設定完了の旨が出ますので終了です
あとは、もういちどWi-Fiのアクセスポイントにアクセスするだけです
PCでアクセスすると実はちゃんと英語に出来たようなのですが、なにを思ったのかスマホで設定したので、こんなかんじです

使用感

実は、手元にある端末で現行の300Mbpsよりも高速な無線規格に対応している端末はPCだけでした\(^o^)/
(わかりながら注文してたんですよ💦)
要は、Lenovo A916でも他のタブレットも、前と理論値は変わらないということです
(計測してみたら、実測値はXiaomi Router miniの方が早かったですが)
ということで、5GHz帯もばっちり対応している(購入時に無線は最高モデルにしました)、ワタクシ自慢のThinkPad X240でNuro光の回線測定ページでの計測結果を見てみましょう
まずは、今までの付属のルーター
まぁ、それなりですね
測定品質がやけに低いのが気になりますね
次にお待ちかねの、Xiaomi Router miniの結果です
速い!倍速です!
そして、測定品質の高さにも目を引かれます
これなら、動画を見ていてもコマ切れに悩まされることはないの…かな?
ついでに、有線も見てみますと…(光ルーターから、カテゴリー6Eで接続)
桁が違いましたね
というか、速すぎますね
(その日は遅めでしたが、日によっては900Mbpsに達することもあります)
…という感じですが、非常に高速で安価に購入できるWi-Fiルーター、Xiaomi Router miniでした!
Amazonのリンクを発見しましたが、見た感じ海外発送なのでお気をつけて💦

返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

銀行をやめて人材系のHRテックらしいメガベンチャーにいます